夢潜独言~云うことだけはいっちょまえ?~
潜って夢心地の独り言
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

お持ち帰りしますか 

それは、例年よりはるかに熱い夏の日だった
生後50日の赤ちゃんを、車で150キロ移動させなければならなかった
車の中まで忍び寄る、熱気と日差し、3時間も続く車の振動
母親と離れて、初めての家での生活
誰もが不可能だと思った
この物語は、そんな苦難を乗り越えたワンコの物語である


それは、あの夏も過ぎ、年の瀬が迫った動物病院
先生、そろそろ去勢したいのですが。
乳歯が一本抜けずに有るので一月待って、歯が抜けてなかったら一緒にしましょう。
ワンコの意思と関係なく決まってしまった
しかし、ならなくてよい病気の予防の為に必要だった


さて、何度も前飼っていたワンコの胃の切開、腸のヘルニアなどの手術を経験してきた飼い主、
この仔の初めての手術、心配だった
術は何の問題もなく終了。病院ではワンコもさすがに疲れた様だった

先生が、タマタマ取りましたよ、とガーゼの上に乗せて実物を見せてくれました。
よければ、持って帰ってもらってよいですよ。
え゛、どうやって持って帰るのですか?
ちゃんとホルマリンに漬けてあげます。
結構です。どうぞ、もつ鍋にしてください。
どうも、希にお持ち帰りの方がいるようです。


その後、ワンコはお風呂上がりの子供を見ると無い物を探すように追いかけているそうです。
アメリカでは、こんな仔の為に義丸が有るらしい。いずれ日本でも普及が望まれますね。
この仔の、幸せな未来を願って失礼いたします。
050201_1718~01.jpg

スポンサーサイト

Category: ワンコ

tb 0 : cm 2   

相棒 

我が家に、もうすく10ヶ月のワンコがいる。
お父さん、お母さんは遠方の方だったのですが、見に行っていいですかと言ったらどうぞ、
とのことで早速見に行かせていただきました。ワンコ本人も可愛らしく、ワンコの両親も
おとなしく、無駄吠えもしない・・・即決定!
ここで、結納金を納めるはずですが引き取りの時で結構。
初対面なのに信用していただくということは気持ちのいいもので2ヶ月後に我が家に養子
としてやって来る日を楽しみに150キロ彼方の我が家へ。
さて、ワンコは群れの生き物なので「リーダー」にさせてはいけない。一緒に寝ると上下
関係が曖昧になると、アルファー症候群になりと手が付けられませんよ。と言われますが
我が家のワンコは大丈夫。他所のワンコもダイスキだし、人もダイスキです。ただちょっと
寂しがり屋でみんなにかまって欲しいだけ。
難点は、昔足元で申し訳ないと言う風に寝ていたのに、最近私の又の間で、ナニを枕に
寝るのが落ち着く様です。はいいけれどkimiは、大変、寝返り打てないし、太ももで首を
締め付けるようなかんじになっている時もあるし、何よりダイジなところが蒸れるでしょ。

ワンコを飼い始めたとき、テレビで盲導犬のリタイア犬の事を知りました。ちょうど母を
亡くしたばかりの時なので、ヘンな話ですが「ユキ」に特別な思いが、気負いもなく淡々と
書かれている中にワンコたちへの思いが。

ユキの介護の紹介は
http://www.symbiosis.jp/report/2004/0514/
ユキのお母さんのブログ
http://yukiba20.exblog.jp/

お決まりの、「犬の十戒」
http://www5.ocn.ne.jp/~select/Ten-Commandments.html
ワンコの戒めではないです。私たちの戒めです。



leck.jpg

Category: ワンコ

tb 1 : cm 1   

きっかけ 

ブログのきっかけになったのは、この方のブログおじゃまして

写真は、時と光の魔術師

お気に入りの写真から
15年前ぐらいのNZ・クライストチャーチです。夕食食べてぶらぶらしている午後8時過ぎ、だいぶ退色しています。本当はもっと空の色が素晴らしかったのですが。

nz1.jpg

Category: 写真

tb 0 : cm 2   

ニッポン放送 

私の世代にとっては、ラジオはきっと今のリスナー以上の存在だったと思います。
ラジオを聞き出した頃は、メデイアと言えばテレビとラジオ、それとレコード。テレビも一家に一台しか無く個人所有出来るのはラジオぐらい。
テレビより対話性があり(媒体はハガキ、デンワ)ちょうど音楽のリクエスト付き有名人ブログなんてとこかな。
そんな時代のニッポン放送といば受験生の友「オールナイトニッポン」(真剣な受験生はNHKのラジオ講座)
パーソナルティーがそれぞれ自由な雰囲気で(始末書をたくさん書かれた方もいると思いますが)楽しく番組を作られていました。
そんなニッポン放送が・・・・・
ホリエモン、野球騒動の時ははっきり言って「おぬし、やるな」だったのですが、競馬場の件、ニッポン放送の件となるにつれだんだんメッキが剥がれてきたように感じます。
お父さんに対する親に対する尊敬も何もない発言などを聞いてやっぱり情のない人、こんな人が支配するラジオ局はどうなっていくのだろう。時代の流れと言えば仕方がないのでしょうか?
ホリエモン、あなたが聞いていたのは「受験講座」の方でしょ。

Category: ニュース

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。