夢潜独言~云うことだけはいっちょまえ?~
潜って夢心地の独り言
03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

訃報 

補助犬 死んだシンシア…「グッドガールだったよ」

 ゆっくりと余生を楽しんでほしかった--。14日に息を引き取ったシンシアは、兵庫県宝塚市のコンピュータープログラマー、木村佳友さん(45)と二人三脚で歩んできた。障害のある人が当たり前に暮らすための身体障害者補助犬法の制定を後押しし、つぶらな瞳と人なつっこい性格で誰からも愛された。昨年12月の引退から間もない死。「グッドガールだったよ」。木村さんは静かに語りかけた。
 シンシアは1月中旬に緊急手術した後、衰えが目立つようになった。この日はリビングで横になり、物音がすると立ち上がっていたが、午前10時ごろから容体が悪化。苦しむ様子もなく、木村さんらに見守られながら正午前に息を引き取った。木村さんの妻美智子さん(43)らが毛布にくるみ、周りには白や薄紫の花やドッグフードなどが添えられた。木村さんを支えたボランティアらが次々と訪れ、「シンちゃん、最期まで頑張っていたね」と頭をなでて涙を流した。
 いたずら好きだったシンシアは、木村さんが「少しでもおとなしくなれば」と育成団体に預けたことで、介助犬としての才能を開花させた。ハーネス(胴輪)を着けると仕事モードになり、何時間もおとなしく伏せ、木村さんの指示で物をくわえて運んだ。楽しそうに働く姿は周囲を笑顔に変えた。
 98年に毎日新聞が「シンシア」キャンペーンを始め、02年に身体障害者補助犬法が成立するまでの4年間、木村さんはシンシアと一緒に、ペット扱いをされていた介助犬を社会で認めてもらおうと奔走した。毎週のように出演した講演会、厚生労働省の検討会、各種シンポジウム、テレビ出演。好奇の目にさらされてもシンシアは落ち着いて木村さんをサポートし、介助犬が障害者の自立にどれだけ役立つかを身をもって伝えた。
 シンシアが仕事をするのはえさが欲しいからでも体罰が怖いからでもなく、木村さんに笑顔で「グッドガール! シンシア」とほめられたいからだった。決してスーパードッグではなかった。冷たくなったシンシアを前に木村さんは語った。「天国に行ったら、僕たちのことを見守ってね」【山本真也、脇田顕辞、服部陽】(毎日新聞)
スポンサーサイト

Category: ワンコ

tb 2 : cm 10   

コメント

ビ、ビックラしました。
残念です。

でも、
犬はボスを喜ばすことに最大の生きがいを
見出す生き物なので、時期的にはよかったかも。

12歳というのも・・・

合掌

父 #- | URL | 2006/03/16 07:45 [edit]

>父さん

人間にすれば、定年退職したとたん他界したようなものですから。
もっとリタイア後を楽しんで欲しかった。

kimi #5r6GAHyA | URL | 2006/03/16 08:30 [edit]

天命

kimiさんが言われるようにもっとリタイア後を楽しめたらよかったですね。
我が家にいたハスキーも10年でしたがシンシアのようなエピソードは何にもありませんが今でも家族の中で生きてますよ。
生死はペットが家族に与えてくれる大切な贈り物ですね。

じぃびぃあ~る #ew5YwdUc | URL | 2006/03/16 11:01 [edit]

>じぃびぃあ~るさん

そうですね。
ずっと家族として、暮らしてるのですね。
フレフレごんたのワンコと行く予定なのでよろしくお願いします。
お仕事頑張って下さい。

kimi #5r6GAHyA | URL | 2006/03/16 11:20 [edit]

そうですかぁ。。旅立ってしまったんですね。。
シンちゃんは本当に良い子だったんですね。。
木村さんとの生活が出来て。。幸せでしたよね。。
シンちゃん。。安らかに。。

maa #SFo5/nok | URL | 2006/03/16 13:32 [edit]

>maaさん

人と同じように、一生懸命働いた後は思いっきり遊んで貰いたかったです。
もっと長生きして貰いたかった。
リンク貼ってる「ワンコのかあさんからの便り(とってもユキばぁな日々)」
よければ、最初から読んでみてね。

kimi #5r6GAHyA | URL | 2006/03/16 13:59 [edit]

kimiさん。。ご紹介ありがとうございました。
伺ってみました。。
ステキなブログですね。。
ワンちゃんたちがまた可愛い(^_-)-☆
また伺ってみようと思います^^

maa #SFo5/nok | URL | 2006/03/16 16:23 [edit]

立派な介助犬でしたね。

このニュースを聞いて私も驚きました。
犬ってほんとに人の気持ちを読み取ってくれますよね。
悲しそうな顔をしていたら、ちょっと困った顔して首を傾けてこちらを覗きこんでみたり。
20年犬を飼ってたので、やっぱり犬は家族みたいだなぁって思います☆
シンシアは天国から木村さんをみてますよね。

たかちゃん #Xp31twOs | URL | 2006/03/16 18:03 [edit]

>maaさん

このブログを見るたびに、きちんと面倒を見ようと思っています。

kimi #5r6GAHyA | URL | 2006/03/16 19:16 [edit]

>たかちゃん

家族だと思っている人ばかりだと、不幸な犬は無くなるのだけど。
ご近所には、介助犬と中学校に 通う初のケースの「武蔵」がいたのですが・・

kimi #5r6GAHyA | URL | 2006/03/16 19:22 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kimikimi.blog6.fc2.com/tb.php/407-0f53bb9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

介助犬 シンシアの死・・・(合掌)

云うことだけは、いっちょまえ? 訃報Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 介助犬:シンシア天国へ 「優しさ」広げた生涯、最後まで「介助犬」貫く /兵庫「忘れない。グッドガール・シンシア」。介助犬シンシアが14日、12年2カ月余りの生涯を閉じた。宝塚市のコンピ...

Clip-Biasa aja | 2006/03/16 07:39

身体障害者補助犬法身体障害者補助犬法(しんたいしょうがいしゃほじょけんほう;2002年|平成14年5月29日法律第49号)は、身体障害者補助犬を使う身体障害者が自立と社会参加することが促進されるための法律。同法第1条に拠れば:身体障害者補助犬を訓練する事業を行う者及び

ペットでボン!ドッグ編 | 2007/09/14 20:43

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。